情熱料亭 すぎ村

お客様 No.3 時には白川雄也に変わる二刀流九州男児 綱脇 雄也様

一つ目のトークメニューは「若者の足場を作ってあげたい」

「僕らの街っていうのは飯塚という街で元々炭鉱が栄えた街なんですね。どうしても気性が荒い人や、やんちゃな人が多いんですね。地域に根づいたものを会社する時から目指していたので、まずは働きはじめの子達の未来をしっかりと構築してあげて、それからと考えてまして、フラフラしている子達に声をかけてうちに採用して、他の会社さんに紹介することや、カウンセリングではないけど、お話を聞いて、街に貢献するっていう意味もあって何か貢献できるのかなっていうのがきっかけです」と会社設立のきっかけを語った。

二つ目のトークメニューは「時には綱脇雄也から白川雄也へ」

「会社経営とは別にまだまだ修行中なのですが、俳優業をやっておりまして、映画やラジオをやらせていただいております。福岡のCMとかにも少しそんなまだまだ売れてないので、それで永遠の修行という形ですかね。地域貢献や施設の子供達にチャリティーライブなどもやっています。福岡で劇団もやっているんです。中には施設で育ったロックミュージシャンなどもいて、10年間ライブして売り上げ全部施設に寄付しているんです。僕もそれに是非させてくださいとそういう活動もやってます」と、俳優業について語った。

関連記事